AMENIS

日比谷アメニスはこころにやさしい環境を求めて
快適空間を創造しゆとりある社会の実現に向けて努めます

採用情報

サイトマップ

AMENIS official

事業案内

壁面緑化

壁面緑化とは、構造物の壁面を多様な植物で被う緑化技術です。
都市にみどりを増やす手法として、屋上緑化に続き新たに注目されています。

ラピュタグリーンウォール プラウドシティ浦和【基盤造成型】ラピュタ・グリーンウォールC

ラピュタグリーンウォール プラウドシティ浦和【基盤造成型】

ラピュタグリーンウォール-L 西武池袋本店9階屋上「食と緑の空中庭園」【登はん型】ラピュタ・グリーンウォールL

ラピュタグリーンウォール-L【登はん型】

bio-wall 西武池袋本店9階屋上「食と緑の空中庭園」【基盤造成型】bio-wall

bio-wall 西武池袋本店9階屋上「食と緑の空中庭園」【基盤造成型】

それぞれのシーンに最適な壁面緑化

壁面を緑化する方法を大きく分類すると、下から植物を登はんさせて緑化する登はん型、植物を垂れ下がらせて緑化する下垂型、壁面に緑化用のコンテナや緑化パネルを取付ける植栽基盤造成型の3つパターンに分けられます。日比谷アメニスでは様々な状況に応じて、それぞれのシーンに最適な手法をご提案します。

登はん型

事例1

事例1

 補助資材なし
 直接壁面を登ハンする、付着根を持つツル植物を利用する工法。
 壁の仕上げにより不可の場合がある。

事例1

事例1

 補助資材あり
 各補助資材を壁面に取り付けて登ハンさせる。
 補助資材にツルが絡まることで誘引などの作業が軽減できる。
下垂型

事例1

事例1

 補助資材なし
 壁面の上部または途中に植栽基盤を設けツル植物などを下垂させる。
基盤造成型

事例1

事例1

プランター型

 プランター等を壁面に直接、もしくはフレームなどを設置し緑化する方法。
 金網などの誘引支持材を組み合わせることも可能。

事例1

事例1

 ユニット型

 緑化パネルを壁面に直接、もしくはフレーム取り付けるタイプ。
 設置後すぐに全面がみどりで覆われる。

壁面緑化の製品

日比谷アメニスでは様々なタイプの壁面緑化システムを施工しながら、独自の技術や製品を開しています。「ラピュタグリーンウォール」シリーズは、竣工時から緑被率の高い壁面緑化を目指した壁面緑化システムです。

ラピュタ・グリーンウォールC

ラピュタ・グリーンウォールC(コルク基盤式壁面緑化システム)の施工イメージ

ラピュタ・グリーンウォールCは、植栽基盤に断熱性能に優れた炭化コルクボードを使用した壁面緑化システム。64pot/m2の高密度植栽で、意匠性に優れています。
使用できる樹種は基本12種類で自由なレイアウトが可能で、さらに、施工性に優れ、低コストで高品質な壁面緑化が可能です。

パンフレットダウンロード

PDFデータ(3.9MB)

ラピュタ・グリーンウォールL

ラピュタ・グリーンウォールL(登はんネット一体型壁面緑化資材)の施工イメージ

ラピュタ・グリーンウォールLは、圃場で、つる性植物を定着させ高さ1.8m程度まで成長させた状態で出荷するため、施工後すぐに密度の高い緑陰が楽しめます。

ラピュタ・グリーンウォールL パンフレットダウンロード

PDFデータ(2.5MB)

bio-Wall ≪ビウォール≫

bio-Wall ≪ビウォール≫の施工イメージ

bio-Wall≪ビウォール≫は、パネル状の植栽基盤に植物を根付かせ生育させてゆくシステムです。植物の生育にストレスを与えず成長させる事で、植物の交換を抑えた壁面緑化システムです。

bio-Wall≪ビウォール≫のWebサイトを新しいウインドウで開きます。